車検時にはブレーキオイルも交換しましょう

車検は自動車のメンテナンスをするとてもよい機会なので、できるだけ丁寧に点検してもらう事をオススメします。最近の車はほとんど壊れずに乗り続ける事ができますので、エンジンオイルや各種ベルト類などを交換せずに乗り続けている場合が多くあります。いくら故障しないからと言っても、こういった消耗品は交換をしないと劣化をしてエンジンの故障や、ベルトが切れてしまうといった事になってしまいます。各種の消耗品は自動車の取り扱い説明書にサービスデータとして、書かれていますのでチェックをするようにしましょう。交換を忘れがちな消耗品は、エンジンオイルや各種ベルト類の他にも沢山あります。

まず交換が必要な事すらあまり知られていないものに、オートマチックオイルがあります。これはエンジンの出力をオートマチックトランスミッションが駆動力として伝えるためのとても大切なオイルです。このオートマチックオイルが、劣化してしまうとオートマが滑りを起こしてしまったり、変速の際にショックが大きくなるといった症状が出てしまいますので、交換時期にはきちんと交換するようにしましょう。またこのオートマチックオイルは、長い期間に渡って交換しないと交換をする事ができなくなってしまいますので特に注意が必要です。次に交換を忘れてしまいがちな消耗品は冷却水です。冷却水は基本的には水なのですが、低い温度でも凍らないようにする成分と、高い温度でも沸騰しないようにする成分が含まれています。また防錆剤も含まれていて、これらの成分が劣化してしまうと十分に冷却水としての性能を発揮できなくなりますので、交換時期を守る必要があります。冷却水は入っているから安心というものではありませんので、車検ごとに交換するようにしましょう。次はブレーキオイルなのですが、これも交換の必要はあまり知られていない消耗品のひとつです。ブレーキオイルは通常は減る事がないので注ぎ足したりする事もありませんから忘れがちなのですが、水分をとても吸いやすく変質しやすい性質があります。

ブレーキはとても熱に晒されやすい部品ですから、そこに使用されているオイルもとても過酷な状況に晒されている事になります。車検の際にブレーキオイルを交換しておけば安心です。こういった消耗品の交換にはそれほど費用はかかりません。ただし交換をしなかった場合に起こってしまう故障の場合はとても大きな修理費がかかってしまう事もありえますので、車検の際にはできるだけ交換しておきましょう。

コメントを残す

*